FC2ブログ
落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
やはり根性だのみ
昨日、小倉に行ってきました。

小倉に立ったのは何十年ぶりかな。

がんを治すANK免疫細胞療法というものがあると知ったからです。
保険はきかないので、1回の治療に400万円以上かかります。
もちろんそんな大金は軽々と払えませんが、面談だけでもと主治医から診療情報提供書を準備してもらって
話を聞きに行ったのです。


きっかけは新聞のチラシ。リンパ球バンク株式会社の藤井真則氏の説明会に行って、
取り扱う病院の情報があったのでそれが小倉だったからです。

小倉駅からすぐの、「ひわきクリニック」というところです。


僕のがんは今の主治医はほぼ諦めています。

国内にいくつかある施設での重量子や陽子治療も保険外で400万円弱らしいですが、単体のがんには効くそうですね。

でも、通常病院での延命措置を行う標準治療では、僕の肝臓全体にびっしりと埋め尽くしたがんを押さえることはもはや無理で
そのがん自体が治療への抵抗力をつけてスーパーがんとなっているからです。

つまり、標準治療以外の自由診療しか道はないのですね。


で、その小倉での先生の一言。
「これは無理ですね。肝臓全体ががんで、しかもB型肝炎でしょう。この肝炎ウイルスが死なない限り、たとえがんが小さくなったとしても、またどんどん再発しますし。」
「いや、絶対やってくれといわれたらしますけど、治療も4回は必要で1600万円はかかります。しかもまた再発しますから。
2年前の外科手術のときに来てくれていればどうにかなったと思いますが。」

つまり、手遅れ。手の施しようがない。とのことで、早々にカアチャンと二人で病院をあとにしました。


帰りしなに二人でベスト電器で壊れたTVの替えの機種を見て、
小倉あんパンと紅茶で一息ついて、快速電車に乗ってうちへ帰りました。

ちょっと外出するだけでも疲れますね。


こんなことを書いたのはもし、がんが出来た人のための何かの情報になればと思ったからです。

この治療は、他の怪しい治療とは違う気がしました。
いちいち説明や本の内容が僕の体験にも当てはまっているし、
アメリカでの国立衛生研修所での基礎研究を基にしていて臨床的で科学的です。
残念なのは莫大な金額がかかるため日本での臨床数がまだ少なく保険対象となってないということです。

誰かのために書き残しておきます。



先を見ている

一時的と思うが、長く続くとも思いたい。

体調が少しだけよくなった。


無理はしないけれど

カニを採りに行った。


といっても、チヌ釣りの為ではない。


いつか行くかもしれないサンバソウ釣りの備えとして。
ウニが手に入らないときの釣行のため。

石をはぐる体力はまだまだ戻っていない。


熊さんから教えてもらった、カニ釣りで。

座って、その道具を5分ほどポイントに置いておくだけ。


カニがじわじわと集まってくる。いっぱい集まったところでそっと道具を上げて網を添える。


サンバ釣り用なので出来るだけ大きなカニがいい。磯ガニが小一時間でこれだけ採れた。

150ぐらい。一人分には十分だけど。
まだ採りたかったが傘を差しながらで、最後は傘も差せない大嵐となり終了。

磯ガニ


これだけで気持ちが前を向く。






次の日、

先日、実家に帰ったとき、コーヒーの豆をひくミルをもらってきた。

僕が、約40年ほど前に買ってしばらく使って置いたままだったもの、
メイドインジャパン。ハリオ。

使ってみると少し異臭がする。


多分、40年前のマメのカスが残っているのだろう。


分解掃除

ミル分解



でるでる、硬くこびりついた粉、豆。

削り、こすり、磨き。

無心でやれるっていいよね。


再度、くみ上げ。

きれいになりました。

こんなにカスが入ってました。

ミル組み立て



明日から、また、新しい豆のにおいをしみ込ませます。






日々平穏
オーパ

大判のオーパを読んでいます。
ぼくが以前から文庫本を何度も読み返していたのを覚えていたのでしょう。
去年の誕生日に長野県の息子がどこからか見つけてきて全巻送ってくれたものです。
写真が文庫本とは微妙に違うところがあり、また迫力があります。

このシリーズは、開高健の難しい表現の小説とは違い、楽しく気軽に読め何度読んでも想像をかき立てときどきプッと吹き出してしまうのです。

やっと少しだけ涼しくなりそんなことをする気持ちになってきました。



それから、断捨離?終活?

終活


カァチャンと二人で服やら何やらをお盆前後から少しずつ整理してます。

写真は小説やらマンガ本やら。
マンガ本は中抜けなくそろっているのでオークションなんかに出すといい値が付きそうでもったいないけどほぼ古本屋行き。前に出したものはこれの2倍ありました。
すっきりです。



気になっているのが、年老いた両親が住む実家の、あふれるほどの陶磁器や調度品類、家が大きいだけに始末を考えただけで気が遠くなりそう。

だけど、思い直すと、90歳前後の両親の方が僕より長生きする確率の方が限りなく高い。
しかし、どうせ父親の方はそういうこと全くしないタイプだから足腰が悪くなりびっこを引いている母親に任せるのも…。
と、これも余計な心配をしてしまう性分なのだなぁ。近くに帰ってきている弟はぼんやりしているしとか。

ま、焦らず今できることだけを楽しく、そのひとときをかみしめながら過ごしていってます。    



今度の日曜日は、博多沖防で「松下先生杯AMA創立30周年記念」の落とし込み釣り大会です。

広島以来の落とし込み釣り。
作戦はクーラーに座っておく、ときどき立ち上がって釣りをするのくり返し(^-^)
1枚は釣りたいね。

優勝の10万円ほしい?
いやいや、みんなが集まってくれればそれでいいです。

船小屋温泉で湯治?
先日、八女にの歯医者に行った。

無呼吸症候群でマウスピースを作ってかれこれ20年ぐらいの付き合いの医者の元へ。
年に1回、検査で行っている。
今回は、新しいマウスピースを作ってもらうため。

検査も入れて保険対象で1万3000円ほどで出来るようになったから、最初は保険対象外でしかもマウスピースだけで8万円以上していたのに比べてすごく割安になった。

病院を出てから船小屋温泉の表示が出ていたのでナビで調べると、7~8分しかかからない。


高濃度炭酸温泉というらしく、以前から行ってみたかったので、車をそちらへ走らせる。


最初に行ったのが船小屋温泉鉱泉場

船小屋温泉鉱泉場


鉱泉場

蛇口から出る水は、少し泡があるかなぐらいでがっかりしたが、ひと口含むとジュワッと広がる刺激にビックリ。
まさにラムネですわ。なんかすごく効く気分。


つぎは、恋ぼたる、という温泉と道の駅が合体したような広ーい緑地に隣接した場所。

まだ午前10時過ぎなのに、年寄りが集まっている。

その一人になって湯船に入る。

まるで田んぼの代掻きのあとのような茶色のお湯。ここでも大分竹田の長湯のような泡は体に付かず。

どうやら高濃度炭酸泉でも性質が違うらしいが効能はかなりのものらしい。


僕の体は抗がん剤の副作用でお湯にも10分以内しか入れないらしいが、ぬる湯だし、と、ゆっくりと野趣たっぷりの露天でくつろいで帰路へ。


いい道草でした。

でも、帰ってから足の甲に赤い斑点がいっぱい。これってよかったのかその逆なのか。

ま、いいか。



釣りはいつから
サムライの竿の補修というか、新たな1本というか再生を終えて一段落。

早速チヌを実際に釣って調子を確かめたいところですが、新薬の副作用が徐々に出てきました。

新サムライ


前の抗がん剤よりは副作用が無かったのでホッとしていたのですが、このところ手足症候群が再発。


今は主に足の裏に出てます。力や体重のかかる親指やかかと、小指の下の方などの部分が硬くなり、進行するにつれその部分が炎症となり痛くなって大きなマメのようにぶよぶよになってきます。
こうなるともう歩けません。現在は炎症が出てきている段階です。

以前の症状は薬をやめると収まって皮が3度むけて回復しているなーと思っていた矢先、実家に帰った際につい草刈りをしてしまったのが刺激を与えたようです。




本当はそんな末端の副作用が問題ではなくて、1~2週間ごとに行っている先日の新薬の検査結果、
肝臓の値はやや持ち直しているのですが、

AFPという腫瘍マーカー値(基準値が20ng/ml)は、5284から数値はあがっているものの若干伸びが緩んでいて、これもとんでもない数値なのに、やや気持ちホッ。


ところがもう一つの腫瘍マーカーPIVKA-(基準値は40mAU/ml以下)これが3月は577、4月はじめは1400、そして新薬を開始して約1か月後は 22500…。


基準値の5600倍。これがどのくらいのひどい数値なのかもはや分かりませんが。


主治医は、
「草刈りができる元気があるからいいですね。」

説明になっていないんですけど。ま、いつものことですが。
あえて説明をしないのが気休めなのかも。



6月のCT造影検査で今後のことを考えましょうということでした。




もはや、まな板の鯉状態で、どうにでもなれで、
気持ちとしては、たとえゾンビ状態になってでも立って動いているかも。


そして、釣りはいつ行けるのかなぁ。
というのが先に立ちます。



copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.