FC2ブログ
落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
船小屋温泉で湯治?
先日、八女にの歯医者に行った。

無呼吸症候群でマウスピースを作ってかれこれ20年ぐらいの付き合いの医者の元へ。
年に1回、検査で行っている。
今回は、新しいマウスピースを作ってもらうため。

検査も入れて保険対象で1万3000円ほどで出来るようになったから、最初は保険対象外でしかもマウスピースだけで8万円以上していたのに比べてすごく割安になった。

病院を出てから船小屋温泉の表示が出ていたのでナビで調べると、7~8分しかかからない。


高濃度炭酸温泉というらしく、以前から行ってみたかったので、車をそちらへ走らせる。


最初に行ったのが船小屋温泉鉱泉場

船小屋温泉鉱泉場


鉱泉場

蛇口から出る水は、少し泡があるかなぐらいでがっかりしたが、ひと口含むとジュワッと広がる刺激にビックリ。
まさにラムネですわ。なんかすごく効く気分。


つぎは、恋ぼたる、という温泉と道の駅が合体したような広ーい緑地に隣接した場所。

まだ午前10時過ぎなのに、年寄りが集まっている。

その一人になって湯船に入る。

まるで田んぼの代掻きのあとのような茶色のお湯。ここでも大分竹田の長湯のような泡は体に付かず。

どうやら高濃度炭酸泉でも性質が違うらしいが効能はかなりのものらしい。


僕の体は抗がん剤の副作用でお湯にも10分以内しか入れないらしいが、ぬる湯だし、と、ゆっくりと野趣たっぷりの露天でくつろいで帰路へ。


いい道草でした。

でも、帰ってから足の甲に赤い斑点がいっぱい。これってよかったのかその逆なのか。

ま、いいか。



釣りはいつから
サムライの竿の補修というか、新たな1本というか再生を終えて一段落。

早速チヌを実際に釣って調子を確かめたいところですが、新薬の副作用が徐々に出てきました。

新サムライ


前の抗がん剤よりは副作用が無かったのでホッとしていたのですが、このところ手足症候群が再発。


今は主に足の裏に出てます。力や体重のかかる親指やかかと、小指の下の方などの部分が硬くなり、進行するにつれその部分が炎症となり痛くなって大きなマメのようにぶよぶよになってきます。
こうなるともう歩けません。現在は炎症が出てきている段階です。

以前の症状は薬をやめると収まって皮が3度むけて回復しているなーと思っていた矢先、実家に帰った際につい草刈りをしてしまったのが刺激を与えたようです。




本当はそんな末端の副作用が問題ではなくて、1~2週間ごとに行っている先日の新薬の検査結果、
肝臓の値はやや持ち直しているのですが、

AFPという腫瘍マーカー値(基準値が20ng/ml)は、5284から数値はあがっているものの若干伸びが緩んでいて、これもとんでもない数値なのに、やや気持ちホッ。


ところがもう一つの腫瘍マーカーPIVKA-(基準値は40mAU/ml以下)これが3月は577、4月はじめは1400、そして新薬を開始して約1か月後は 22500…。


基準値の5600倍。これがどのくらいのひどい数値なのかもはや分かりませんが。


主治医は、
「草刈りができる元気があるからいいですね。」

説明になっていないんですけど。ま、いつものことですが。
あえて説明をしないのが気休めなのかも。



6月のCT造影検査で今後のことを考えましょうということでした。




もはや、まな板の鯉状態で、どうにでもなれで、
気持ちとしては、たとえゾンビ状態になってでも立って動いているかも。


そして、釣りはいつ行けるのかなぁ。
というのが先に立ちます。



黄砂?
黄砂の太陽


太陽があるはずの空はぼんやりとした丸い光があるだけでした。

退院を次の日にひかえて病院の玄関先から空を見上げたらそんな光景でした。


黄砂でしょう。1km先からの景色は白く消えていました。




退院の次の日、カアチャンと糸島に買い物と食事に行ってきました。


二見ヶ浦の海はいつになくきれいでしたが、ここでも空気は白くモヤがかかり山はしらけ、水平線はぼんやり。


二見ヶ浦



九州は東日本のように景色がくっきりと見えることはまれです。


強い南風が吹いたあとや雨が降ったあとはモヤが晴れたように気持ちよくなることがありますが。


とても残念なことです。


でも、しょうがないですかね。



空があるから

入院1週間目。あと2日で退院になりそう。

手術がない入院は初めてだけどゆったりとしたもんで、文庫本も3冊読んでしまい、することがなくなりボーッと外を見たり眠ったり。

あと、考えることは潮はどうかとか風はどうかとか、次の釣行の計画をスマホを見ながら何度も同じことを繰り返す。

まだ、そういう状態ですんでいることはありがたい。


昼過ぎは、同室の騒がしいジジイも昼寝のようで、しずかな時が流れていくだけ。

夕ご飯までこちらも寝るかな。


また、気兼ねなく空の下を歩ける日まで。

ちょとかんづめ
病室

ばあ!(^_^)

昨日朝まで釣り場にいたから実感がわきませんが
入院しました。

なんだかしっくりと病室になじんで気持ちが落ち着いているのが妙な気分です。

今回は新薬の観察投与なので、痛かったり苦しかったりが多分ないからいいのですが

新薬の効き目が出ないと現状八方ふさがりなので、これに賭けたいです。

退院したら、釣り場に戻るぞ!



copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.