FC2ブログ
落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
またカニ採り
ここ数週間、足の痛みも少しだけになり、気分の悪さももひどくなく過ごせている。

とうとう薬が効かなくなったということかもしれないけれど。


ただ、数日前の3日間は寝込んでしまってはいた。
その前日までの1週間、息子の結婚式で観光も兼ね栃木に行き、くたくたになったせいか、のどをやられて中耳炎にもなったからだった。


でも、少しよくなったので カニ採りに行った。
それが出来る体調と気力が今はあるから。


例の採り方でまた150ほど採れた。
ま、これはサンバソウ釣り用なんだけど。

カニ取り


釣りにも行かないのに何でまた。


でも、行こうと予定していてもまた体調が悪くなったり入院が決まったりと先が見通せない今だからこそ
いざ行けるとなったときに餌の手配が出来ないでは、機を逃してしまう。

カニさえあれば、ウニが手に入らなくてもとりあえず釣りは出来る。


そのための準備なのだ。


先は見えないけれど、先を察(み)る。



水槽でいつまでも出陣出来ないかもしれないが、我慢してちょーだい。





希望の釣り
一月前のカテーテル治療は過去の2回のに比べ特にダメージが残り、以来、動くのもやっとの日々が半月以上続きました。
足の副作用は何故かひどくならないのが救いで、少しでも歩けるということは嬉しいものです。

ただ、胸から下が気持ち悪く吐き気がして食欲もありません。すぐにきつくなって座るか敷きっぱなしの布団で寝るかの日々が今も続いています。

血液検査やCTは頻繁にやっていますが、治療の成果は殆どみられません。
2つ行っている腫瘍マーカー検査PIVKAの値は26000、AFPは23000以上というとんでもなく高くなって、無学の私には想像できません。高額な治療費もいつまで続けられるか。カテーテルに抗がん剤、放射線ときつい治療は逆に体を痛めて逆効果ではないかとも思えます。
医者は最初の強気はどこへやら、方法がもうないと、ギブアップを言っています。情けないね。


落とし込み釣りに1回、サンバ釣りに1回行って、どちらもそこそこ釣れたけれど、立ってしゃがんでまた立つとフラフラ。その都度、息が切れて頭がくらくらしました。



ということで、この激しい暑さもあり頻繁には釣りに行ってない(行けていない)状態ですが、釣りをすることが今の僕にとっての光です。


当たり前のことが当たり前でないことのありがたさが分かって、もう20年ぐらいになります。

当たり前でない自分が、当たり前であった頃にやれたことが一つでもやれることを楽しみに今は過ごしています。


週末は、広島に釣りに行きます。といってもまた、機敏に遠くまでは歩けませんが、荷物のところから離れず、たまに竿を出すだけでいいのです。

少し遠くて睡眠不足が一番の敵ですが、何とか連れて行ってもらい、竿を出すのが楽しみです。




博多オープン
去年から1~3ヶ月ごとに入院治療(主にカテーテル治療。放射線もありました)が続いています。
その合間、落とし込みができると思っていましたが、抗がん剤の副作用で殆ど歩けない日々。

3ヶ月は、まともに落とし込み釣りをやっていません。


博多オープンには間に合わせてやろうと思っていたのですが、前々日まで入院治療で、苦しい・痛い。
腹はすくのに臭いに拒絶して4日間病院食が入らない。
せめて家なら果物とか何かしら少しでも口に合うものがあるからと頼み込んで退院しました。

激痛と高熱はなかなか収まらなかったのですが、メロンやスイカが命をつないでくれました。


血中塩分も下がっているし、残念ながら博多オープンは無理。

この大会の種を植えた本人だし。自力で育つまでと思っていたところで2年前、病気発覚でした。
でもさすが沖防の皆さんの力はすごい。立派に育ててくれています。


育っていくところをもっと見ていたい。
せめて開会式にだけはと、車にたどり入り、時速30キロで現地にふらふら到着。

そこにはすでにたくさんの落とし込み師が準備していました。

車を降りてみんなと話をしていくたびに元気になっていくのを感じます。
仲間の力、釣りの力はすごいです。



船を見送るまでと思っていましたが、立つのがつらくなり静かに車を出して家へ。



閉会式にまたと思ってはいたのでしたが、一旦、床についたら起き上がれなくなって。

でも、若い衆が連絡をくれました。




沖防は今年、カラス貝が何年かぶりにびっしり付いて、「はやと丸」はじまって以来かという爆釣が続いているということです。



この日も、みんな結構な釣果だったようで、その中でも北九州の内田君、やりましたね!優勝。



今後、博多湾落とし込み釣りのみんなの力でこの会が大きく育ってくれるのを願っています。


来週の、松下先生杯 AMA30周年記念大会には沖防に渡れるよう、体調整えますぞ!


博多オープン優勝
(優勝:内田くん おめでと~)


博多オープン 乗船
(みんな 頑張ってね=)


博多オープン 前だ
(掛かったぁ-!  前田ちゃんかな)


優勝内田君釣果
(内田君 どうじゃー!)

博多オープン 山口さん
(準優勝:山口さん うー惜しかった。絡んだ~)

博多オープン 古久保
(3位:古久保しゃん 重てー!!)


2018博多オープン


釣りは?
4月末と連休に1回ずつ沖防に行っただけです。

どちらもキス釣りでした(^_^;

どちらもパッとしませんでした。

水温は19℃まで上がっていてチヌも良さそうでしたが。

急に寒気が来て寒い寒い!風も強い!

釣行記に書くには面倒くさくて、こちらになりました。




でも、ブログってらくにアップできる環境を作ってもらっているけれど、やめるとWEBから消えてしまうので、記憶として残しておきたいならサイトごと自分のパソコンにでも保存しておかないといけないのでうっかりできません。

ま、そんな内容かどうかですがね。


チヌ釣りは少し休憩モードです。



この暇な時期を使って、折れたサムライの修繕やら穂先の作成やら久しぶりに夢中になってます。

ホントに暇つぶしなんですけど。

身辺整理をしながらも、竿を増やしているのは妙な感じです。


不注意で折って1年ほど倉庫にねむっていたバットは、かなり手間をかけて継いで、ほぼ使えそうです。

穂先はグラスソリッドにして純正より若干柔らかめに削ったものの、注文したガイドが来るまで1ヶ月ほどかかるみたいで、もっぱらカシューでこまめに薄塗りする毎日です。
ガイド付け面倒ヤロなー…。

ま、今のところゆっくりと体も動くので丁度いい気晴らしになってます。



ついてない話
『他人の不幸は蜜の味』 という言葉がありますね。

では、ついてない話をしましょう。


先日、久しぶりに大分に一人旅を試みました。
行ける自信は無かったのですが。

それを裏付けるように、出発する日の朝、たまたまTVを付けたら、今日の星座占いの画面。
僕の星座が天からのお知らせのようにタイミングよくパッと映りました。
それが最低の運勢。
いやなもの見ちゃった~。

それでもチャレンジでしゅっぱーつ。
何とか無事に現地到着して、釣るけれど、アタリも無く、たまに釣れるのもここでは小型に入るチヌ。


無性に腹が減ったのであそこの唐揚げ食べたいと、ふらふらでたどり着くと、定休日。

この時点で、あの占いを思いだす。な~んだ、この程度の悪運か。



久しぶりの釣りで疲れてしまって、ポイントの近くで3時間ほど車で潮待ちを兼ねてお休み。


ちょっと早めに起きて、あっ、そうだ、別なところをちょっと見るだけいってみようか。

車を出して、小道に右折するとそこに警察が待っている。え~!何でここで???


話を聞くと、

「あの標識見えませんでしたか。」

振り向くと高いところに 矢印があります。

「みえんやったし。大体あれは一方通行やろ。」

違いますと言われて長い説明をされて、勘違いはわかったものの、そんな長い説明されないと分からない標識と、そこで待っているのに腹が立ちました。

何より、何十年と守ったゴールド免許がなくなるのに。7月の更新前だというのに。

その警察によると、もしかしたら10年間、青色かもだって。僕にとっては終年と言うことヤロが。これがとても悲しかったです。
占いはこれだったのかって!


気を取り直し、夕方まで釣って、その後の結果は小さいの2枚追加で、体も限界やしと思って帰りました。


途中、高速道路前でETC車載器が壊れて、ついてないなぁ。ダブルパンチやと。




次の日、片付けをしていて、ハッと気がつきました。

タモが…ない!?


タモがない!


あ~っ!片付けしながら、ここに置いといたら忘れるかもと、2度思って、こう思っていたら忘れんよなと移動させなかった。
そこまで気をつけていたのにそれでも。あ~あそこに置いたまま忘れたのかぁ。

大事なタモだったのに!!!


徹底的についてない釣行でした。あの占いってこれ全部だったのか。はぁ…。



蜜の味しました?



ま、事故なんかで死ななかったし、死なせなかったからよかったやん。


また行くよ。

大入島

copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.