落とし込みブログ
~釣りに行けないときも釣れズレに~
今年のいいこと!カニ水槽保温
1ヶ月ほど前に2百匹あまりのたくさんのヒライソガニをもらってホクホクして家の外に置いている水槽に入れていたら
寒くなってから一気に死んでしまった。


一応屋根がある場所なのに気温が下がって死んじまったかとガッカリして、別の水槽に入れていたヒライソガニを小分けしてその水槽に入れていたら2日もしないうちに死んでしまった。


海水が死にガニのエキスで悪くなったかと試しに寒さに強いケフサイソガニを2匹入れると次の日には死んでいた。


やはり水のせいか。

水替えるの面倒だなぁ。

でも、とりあえず全部の水を捨てて、海水の素で塩水作ってもよかったのだが、
経済的にと海に行って海水を汲んでくるか。

ミネラルや微生物がいる本物の方がいいに決まっているよな。




ついでに寒さに弱いヒライソガニを入れた場合に備えて3側面と底を¥100均で買ってきた保温マットで覆う。

カニ水槽の保温補強

さらについでだから、水を入れ替えながらとなりの水槽にも同じように保温マットで覆う。


1年以上ぶりに替えた海水はやはりきれいに透きとおっている。気持ちよさそう♪

試しに数十匹残っていたヒライソガニを入れてみる。これで死んだらアウトなんだけど。

もう一週間ほどなるがまだ元気だ。



この調子でまた数年、モーターと水がもってくれると嬉しい。


海の力
海に活かしておいたイガイ

1ヶ月ぐらいして見ると結構育っていた。

先っぽも扁平した形だったのが、スマートに尖っている。


やっぱり伸び伸びと育てる環境だと、いい成長をするなぁ。


水槽では死ぬことが多かったヒライソガニも

「全員元気ですー!」

出番かもよ

イガイ
ヒライソガニは寒さに弱い?
たくさん採っていたヒライソガニが全滅。

2回続いた

死んだヒライソガニ


カニの水槽の水、しばらく替えていないのも原因かもしれないが、

死体だらけの中に、ケフサイソガニは生きていた。

保険に海に吊していたヒライソは元気。

どうも、ヒライソは寒さに弱いようだ…。




チヌ落とし込みシルバーステージ21

パイプの花
一週間前に博多沖防で採ってきたパイプの塊を、水槽に入れて飼っている。

これは、エゾカサネカンザシHydroides ezoensis(多毛綱:カンザシゴカイ科)というそうだ。
でもカサネカンザシHydroides elegans という外来種もいるそうで、僕には区別が付かないし、釣りの上ではどうでもいいことだ。

今日、見てみると面白いことに気がついた。

パイプの中の環虫のえらぶたが出てきて、花のように開いている。
パイプの花

船舶や発電所などに着いて迷惑を施す生き物だが、こうやってみるとかわいいというかなにか癒される。



チヌ落とし込みシルバーステージ21
吉報と危機一髪
博多沖防で、年なしが1日に2枚も出たゲナ。
それもAMA会員にだから、腰の痛みも吹き飛んで、むらむらと燃えだした。
何しろ、沖防は50UPは年に何枚しかでないのに、今日(金曜日)も出たようで、今年はもう4枚目(と思う)
雨は一向に降る気配はないが、海はそれでも去年と違ういい展開を見せている。
自然は不思議。ま、だからこそ飽きないんだが。

それで、腰の痛みはまだあるが、土曜日は釣りに行こうかと思い、1週間ぶりに餌のところに行くと
「おや」
水槽の1つが少し濁っている。
よく見ると、なんと、循環器のポンプが止まっているではないか。
あわてて、カニさんを点検して、生きているのを確認して。ホッ。
このポンプ、相当前のもので、たぶん寿命だったみたいだが、早く気がついてよかった。
上の濾過装置の綿はもう乾いていたので、止まったのは数日前のようで、エアーが効いていたので
全滅が防げたようだ。
早速、濾過セットを、買ってきて一安心。

こまめに見てやらないと、これからは水が減ったり思わぬ悲劇になるので注意しとこうっと。
冷蔵庫イガイは結構、環境がいいようで、しっかり生きている。
さて、明日はいい釣りになるといいけど…。



チヌ落とし込みシルバーステージ21
copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.