FC2ブログ
落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
シブチン仕掛け
歯がある魚は、まず餌を噛んで生き物であれば殺してから喰うらしい。

チヌも噛む魚なので大体それが就餌の基本だろう。

水温の高いときは一気に口の中に吸い込み走ることもあるが、
一旦咥えて、スッと吸い込んだり出したりして喰うようだ。

そんな動画を見たこともある。

こちらは、あまり参考にならないが、貴重なチヌの就餌の動画ではある。

結局、最後には口の中に入れるので、柔らかい餌を使う浮子釣りの基本は飲みこむまで待て。なんだろう。



じゃ、落とし込み釣りでは、どうかいうと、飲み込むまで待ては大体ダメのようだ。

待っている内に餌をはき出してハイサヨウナラ。
なぜか分からないが、撒き餌をせずに狂わせていないからかもしれない。



だから、噛んでいるうちに鈎を口に掛けないといけない。


しかし、先日の釣りのように、噛むだけでいっこうに動いてくれないチヌの場合は、
アワせても鈎先は歯に当たるだけで最後ははずれてしまう。


ただ、噛むために口に入れる瞬間は吸い込む動作もしているはずだ。
その時に、普通より余分に口の中に入れることはできないか。

そうすれば、口先だけで噛んでいる時よりも少しでも口の奧寄りに鈎が入っている分だけ、
鈎掛かりはいいのではないか。

それができるかもしれない仕掛けを前から考えていた。

喰いの渋いときに効果があるかもしれない シブチン仕掛け。

今度試してみよう(^_-)
スポンサーサイト
copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.