落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
私の落とし込み釣り(4)
バブル崩壊とともに落とし込み最盛期も過ぎ、40歳台。
仕事でも一番ハードで重い時期。


それでも遠征は続いた。取り憑かれたように。
クレイジーの上にウルトラがつく。

エ?昭和のニオイがするって?


40歳はじめの頃はインターネットはまだ大衆にはなかった。
ケイタイも、ようやく500g以上はあるでっかいセルラーを使い始めた。


博多沖防からは次第に足が遠のき、
真冬でも釣れる場所は? 特大のチヌは?
と追い求めること10年あまりを過ごした。



2002-2-10長崎市
<長崎や佐世保 よくかよった>



そうするうちに、
釣れないときどうやって1枚を釣るか、そのことの価値が分かってきた。

20cmでもいい、狙ったクロダイを釣り上げるか全く釣れないかの差は無限に大きいのだということ。



開口 健は本の一節でこう語っている。

「メダカも1匹、マグロもは1匹、1匹は1匹。1匹釣るのと百匹釣るのに大差はないが、1匹も釣れないのと1匹釣るのとは大変差がある…1匹は1匹なのである。そうさ。女は女、なのである。」

女は女…というくだりで 「あぁ! あははぁ。」
と、すとんと落ちるのはなぜか。


そりゃ、大きいのを釣るに越したことはない。
そう願っている。


しかし、釣れないとき、
たとえ小さくても「どのようにして」その狙った魚を釣るか、出会うか。
それが真の釣り師、フィッシャーマンだと。




--- そして
--- また
沖防に戻って来た。

すでに時代は変わり、知りたい釣り方や釣り場情報、状態までも
ケイタイやネットで苦労せずにリアルタイムで取り入れられる。


沖防でもカラス貝、岩ガニは当たり前。
チゴカニはもうだれも使わない。売ってもいない。

釣れるのは殆どがチヌと呼べる大きさで、落とし込み釣りを始めたばかりの人が50cmオーバーを釣ることだってできるようになったんだから。



落とし込み釣りは時代の変化と情報化、タックルの進化とともに変わった。

進化したタックル
<専用の竿、リール、道具>



博多の海も埋め立てで生態系が変わった。

護岸の立ち入り禁止区域が増え釣り場も狭まった。

釣り人の指向もルアー主体に変わった。



しかし、50歳を越えて戻って来た博多の海には、
800円!? それなら500円、…それなら…と
初期の波止渡し船との料金戦争も低価格とサービスで勝ち残った「はやと丸」と「香月釣具」が
何事もなかったように釣り人を沖防に渡していた。

はやと丸
<高速渡船、ニューはやと丸
船長がこれから先も長く続けてくれることを祈る>



釣りクラブの垣根を越えて博多の落とし込み釣り師はみんな仲間となった。


餌や釣り方の隠し事はまず無い。

どこでどんな風にしたら釣れたか、釣れなかったか。

互いに教え合う中で、それでも、より釣れるよう切磋琢磨をする楽しみが今はあると思う。


博多沖防の釣り仲間達
<博多湾の落とし込み仲間>


ぼろぼろになった体をだましだまし修理しぃしぃ、
今、60歳になった僕は再び原点の博多沖防に向かう。
すでに髪が白くなった田渕船長の「はやと丸」に乗って、

「どうしたら釣れるのか」と。


                終
関連記事
コメント
この記事へのコメント
増田さん
いやー!増田さん お久しぶりです
ご連絡ありがとうございます。

博多来られていたんですね。
僕は今年はいいシーズンに釣りができず、このような懐古記事でごまかしているところです。

お偉い政治家でも釣り場ではただのオッサンというような関係が面白いところですよね。

お互い年輪を重ねつつありますが、足腰立たなくなるまで釣り、特に落とし込みは続けたいですね。
2014/08/20 (水) 22:57:13 | URL | VIVIAN #f9t0qDf.[ 編集]
お久しぶりです。
先日一人で久しぶりに博多へ行ったんですよ。
そう、以前電話した時以来です。
飛行機の窓から博多沖防が見えて、落とし込みやってる人が居ました(笑)

時代や年齢と共にいろんなスタイルにこだわってたような気がしますけど、やっぱりこの釣りの原点は「仲間達との繋がり」じゃないかと思うようになりました。
たぶん一人だけでずっとやってたら、途中で辞めてると思いますもん^^;

損得なし、なんのしがらみもない釣り仲間と同じ釣技で黒鯛を狙って、時にはいざこざがあったりもするけど、結局はみんなこの釣りが好きなんだなーって。

僕も細々ながら落とし込み続けて行きますよ^-^/
2014/08/19 (火) 20:23:27 | URL | 増田@jv #2x.LPFvg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.