落とし込みブログ
~釣りに行けないときも釣れズレに~
楽しみ
久しぶりにパソコンの前に座った。

退院して約2週間、術後3週間。
まだ、手術の切り口は乾いていなくてピリピリズキズキと痛むし、切った肝臓からなのか腰の後ろ側がズーンと重く痛む。

それでも少しずつ回復しているように感じてはいる。
術後1週間苦しみ抜いて味わった 普通におしっ○が出る、う○ちが出るというありがたさも毎日感じている。


一日の殆どを居間に敷いたマットレスに横たわるか椅子に座るかしてテレビを見たり、本を読んだり、少しのリハビリをしたり、きつくなったら眠ったりしながら過ごすことは尻の軽い自分にとっては苦痛であり、ちょっと居心地のいい軟禁のようであり、これでは返ってよくないのではとも思う。
 かと言ってもあの牢獄のような病室には居たくなくて早めに退院してきたからには劇的に回復して次の検査では病院の医者を感嘆させてやりたい。


しかしながら、動くたびに「痛たた…。」の、こんな毎日ではそうもいかないなぁ。



平凡に過ごしていても、明日の朝陽を拝み、その一日に起こるささやかな出来事を楽しみにしながら床に入るのは幸せというものだろう。


では、今の自分にとって明日のとっておきの楽しみとは何だろう。


やはり、釣り!かな。


いつか、またあの護岸で、あの防波堤でチヌやサンバソウと遊び釣友と笑い合う。

風を受け、緑を眺め、太陽と雲の動きに自分の存在を明らかに感じる

その日まで、その日からずっとその後まで。


それを思って今を過ごせばいいのだ。


タックルボックスを探り、整理し、ベストを開いて道具をチェックし、仕掛けを作り、

これはあそこの仕掛け、これはあの防波堤で使うタックル。


3ヶ月は腹筋使えないと医者は言うから
船への乗り降りはああやって、
デカイ魚が掛かったときはそうやって…。


今はインドアフィッシングの楽しみでも


数週間後には、必ず 再び。

あっちの防波堤、そっちの護岸と飛びまわる自分を思い描いていると、
体内のどこかから良質の流れが湧き出して勢いよく体中を巡るような感じになる。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
HIRAIくん
どうしてましたか

僕のいまは もう10年ほど前から いつか…と覚悟していたものだから 確かに大変だけど 自然に受け入れてますよ

こうして数年ぶりにHIRAIくんが訪れてくれたのも こんな機会があったらこそだろうからね。

またときが熟したら一緒に沖防でもつりをしようかな!
2016/08/16 (火) 21:05:37 | URL | VIVIAN #f9t0qDf.[ 編集]
色々と大変に事になっておられるようですね。
私も、釣りからは遠ざかり、年に一二回行けるかどうかの日々です。
スピリチュアル的に考えて、人の人生は色々と大変出すが、全てに意味があると言う事が、分かり始めた今日この頃です…。
2016/08/16 (火) 18:52:49 | URL | HIRAI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.