FC2ブログ
落とし込みブログ
~落とし込みやらないときはこんな日々~
先を見ている

一時的と思うが、長く続くとも思いたい。

体調が少しだけよくなった。


無理はしないけれど

カニを採りに行った。


といっても、チヌ釣りの為ではない。


いつか行くかもしれないサンバソウ釣りの備えとして。
ウニが手に入らないときの釣行のため。

石をはぐる体力はまだまだ戻っていない。


熊さんから教えてもらった、カニ釣りで。

座って、その道具を5分ほどポイントに置いておくだけ。


カニがじわじわと集まってくる。いっぱい集まったところでそっと道具を上げて網を添える。


サンバ釣り用なので出来るだけ大きなカニがいい。磯ガニが小一時間でこれだけ採れた。

150ぐらい。一人分には十分だけど。
まだ採りたかったが傘を差しながらで、最後は傘も差せない大嵐となり終了。

磯ガニ


これだけで気持ちが前を向く。






次の日、

先日、実家に帰ったとき、コーヒーの豆をひくミルをもらってきた。

僕が、約40年ほど前に買ってしばらく使って置いたままだったもの、
メイドインジャパン。ハリオ。

使ってみると少し異臭がする。


多分、40年前のマメのカスが残っているのだろう。


分解掃除

ミル分解



でるでる、硬くこびりついた粉、豆。

削り、こすり、磨き。

無心でやれるっていいよね。


再度、くみ上げ。

きれいになりました。

こんなにカスが入ってました。

ミル組み立て



明日から、また、新しい豆のにおいをしみ込ませます。






日々平穏
オーパ

大判のオーパを読んでいます。
ぼくが以前から文庫本を何度も読み返していたのを覚えていたのでしょう。
去年の誕生日に長野県の息子がどこからか見つけてきて全巻送ってくれたものです。
写真が文庫本とは微妙に違うところがあり、また迫力があります。

このシリーズは、開高健の難しい表現の小説とは違い、楽しく気軽に読め何度読んでも想像をかき立てときどきプッと吹き出してしまうのです。

やっと少しだけ涼しくなりそんなことをする気持ちになってきました。



それから、断捨離?終活?

終活


カァチャンと二人で服やら何やらをお盆前後から少しずつ整理してます。

写真は小説やらマンガ本やら。
マンガ本は中抜けなくそろっているのでオークションなんかに出すといい値が付きそうでもったいないけどほぼ古本屋行き。前に出したものはこれの2倍ありました。
すっきりです。



気になっているのが、年老いた両親が住む実家の、あふれるほどの陶磁器や調度品類、家が大きいだけに始末を考えただけで気が遠くなりそう。

だけど、思い直すと、90歳前後の両親の方が僕より長生きする確率の方が限りなく高い。
しかし、どうせ父親の方はそういうこと全くしないタイプだから足腰が悪くなりびっこを引いている母親に任せるのも…。
と、これも余計な心配をしてしまう性分なのだなぁ。近くに帰ってきている弟はぼんやりしているしとか。

ま、焦らず今できることだけを楽しく、そのひとときをかみしめながら過ごしていってます。    



今度の日曜日は、博多沖防で「松下先生杯AMA創立30周年記念」の落とし込み釣り大会です。

広島以来の落とし込み釣り。
作戦はクーラーに座っておく、ときどき立ち上がって釣りをするのくり返し(^-^)
1枚は釣りたいね。

優勝の10万円ほしい?
いやいや、みんなが集まってくれればそれでいいです。

希望の釣り
一月前のカテーテル治療は過去の2回のに比べ特にダメージが残り、以来、動くのもやっとの日々が半月以上続きました。
足の副作用は何故かひどくならないのが救いで、少しでも歩けるということは嬉しいものです。

ただ、胸から下が気持ち悪く吐き気がして食欲もありません。すぐにきつくなって座るか敷きっぱなしの布団で寝るかの日々が今も続いています。

血液検査やCTは頻繁にやっていますが、治療の成果は殆どみられません。
2つ行っている腫瘍マーカー検査PIVKAの値は26000、AFPは23000以上というとんでもなく高くなって、無学の私には想像できません。高額な治療費もいつまで続けられるか。カテーテルに抗がん剤、放射線ときつい治療は逆に体を痛めて逆効果ではないかとも思えます。
医者は最初の強気はどこへやら、方法がもうないと、ギブアップを言っています。情けないね。


落とし込み釣りに1回、サンバ釣りに1回行って、どちらもそこそこ釣れたけれど、立ってしゃがんでまた立つとフラフラ。その都度、息が切れて頭がくらくらしました。



ということで、この激しい暑さもあり頻繁には釣りに行ってない(行けていない)状態ですが、釣りをすることが今の僕にとっての光です。


当たり前のことが当たり前でないことのありがたさが分かって、もう20年ぐらいになります。

当たり前でない自分が、当たり前であった頃にやれたことが一つでもやれることを楽しみに今は過ごしています。


週末は、広島に釣りに行きます。といってもまた、機敏に遠くまでは歩けませんが、荷物のところから離れず、たまに竿を出すだけでいいのです。

少し遠くて睡眠不足が一番の敵ですが、何とか連れて行ってもらい、竿を出すのが楽しみです。




copyright © 2005 落とし込みブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.